お問い合わせHOME
Japan Association for Educational Technology

セミナー・イベント

「教育の情報化」実践セミナー 2020 in 四国(2020.3.21)

「GIGAスクール構想」に向けた令和スタンダードとしての”ひとり一台端末環境“と
学びの変容とは

 新学習指導要領実施直前、小学校からのプログラミング教育の必修化や「学習の基盤」と定義され
た情報活用能力の育成に対応が追われる中、「GIGAスクール構想」が突如示されました。
 2019年6月、文部科学省から「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」が
出されSociety5.0に対応した教育のあり方を具体化してから半年で、国主導での情報環境整備が
進められようとしています。
 そこで、「GIGAスクール構想」にて急遽現実のものとなった「ひとり一台体制」をこれまでの
国内の先進的な取り組みを踏まえた上で改めて問い直したいと思います。
 新年度からはじまる「新しい時代の教育の情報化」に向けて、どのような意識改革が必要なのか、
具体的に何をどこから始めるのか等について、研究者や先進校の教員らと共に考えてみませんか。

日時:  2020年3月21日(土)13:00〜17:00(受付開始12:20予定)
会場:

鳴門教育大学 地域連携センター(多目的室)
(〒772−8502 鳴門市鳴門町高島字中島748番地)
アクセスは、こちら

主催: 日本教育工学協会(JAET)
共催: (一社)日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)
後援:(予定) 徳島市教育委員会、松山市教育委員会、高松市教育委員会、高知市教育委員会
対象: 教員・教育委員会・情報に関する行政担当者・研究者・学生・企業
定員: 80名(お申し込み先着順)
参加費: 無料

■参加申し込み

(参加のお申し込みはJAPET&CECサイトにリンクします。)

■プログラム(予定・敬称略)
12:20〜13:00 受付・企業展示
13:00〜13:10 開会挨拶・セミナー趣旨説明)
   日本教育工学協会 (代表挨拶及びJAET紹介)
13:10〜14:10 オープニング・セッション(対談形式)
   稲垣 忠氏(東北学院大学)、林 向達氏(徳島文理大学)
   「令和スタンダードとしてのひとり一台体制を考える」
   (対談形式で「令和時代のひとり一台体制の環境や授業のあり方」をまず提案
   いただき、その後、参加者の皆様からその実現に向けての課題を抽出します。)
14:10〜14:40 企業セッション
14:40〜15:00 休憩&ブース周り
15:00〜15:50 実践発表 コーディネイター 泰山 裕(鳴門教育大学)
・タブレットひとり一台体制での授業実践事例の発表
15:50〜16:00 休憩&ブース周り
16:00〜16:50 ワークショップ(「情報化の推進方策」をJAET学校情報化先進校から学ぶ)
オープニング・セッションで出された課題に対して、どのようなアプローチで
解決に導くのかを本年度「先進校表彰」を受けた学校の担当者とともに検討して
いきます。自校(地域)の情報化の進捗状況をチェックリスト等で確認したり、
具体的な推進方策を立案していきます。
  ・コーディネーター 豊田充崇(和歌山大学)
  ・コメンテーター  中川斉史(徳島県三好郡東みよし町立足代小学校
                 ※2019年度 学校情報化先進校表彰校)
16:50〜17:00 <クロージングトーク>&閉会
*プログラムは変更することがあります。

 ■企業展示と企業実践発表申し込み
  企業展示・発表申込書(Excelファイル)をダウンロードしていただき、事務局まで
  申し込み下さい。
  ※-->企業展示・実践発表申込書(Excelファイル)
     企業展示出展料:JAET会員企業様 50,000円 会員外企業様 70,000円
 ■企業展示のお申し込み
  企業展示申込書(Excelファイル)をダウンロードしていただき、事務局まで
  申し込み下さい。
  ※-->企業展示申込書(Excelファイル)
     企業展示出展料(1小間): JAET会員企業様 30,000円 会員外企業様 50,000円
 ■開催案内
  ご案内 (pdfファイル)

  ■企業展示お申込先
 「教育の情報化」実践セミナー 2020 in 四国事務局
   

セミナー・イベントへ | 開催案内 | このページのトップへ