◆ 問い合わせ先 ◆
日本教育工学協会
学校情報化認定委員会
〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13
三会堂ビル8F

ninteiatjapet.or.jp


 JAET 日本教育工学協会




 日本教育工学協会(JAET)は、教育の情報化の推進を支援するために、学校情報化診断システムを
活用して、情報化の状況を自己評価し、総合的に情報化を進めた学校(小学校,中学校、高等学校)を認定する 学校情報化認定に2014年度から取り組んでいます。
 「情報化の推進体制」を整え、「教科指導におけるICT活用」「情報教育」「校務の情報化」に積極的に取り組んで いる学校を称え、学校情報化優良校として認定します。
 そして、学校情報化優良校が一定以上の割合になった地域を学校情報化先進地域として認定します。
 また、特に優れた取り組みを行っている学校を学校情報化先進校として表彰します。
 なお、先進校への応募は、4月から6月頃まで受け付けています。
 学校情報化診断システムに登録すると、全国の学校との比較や、既に優良校の認定を受けた学校の 申請内容(エビデンス)を参照することが可能となります。
 また、優良校の審査は、JAETの役員で構成される学校情報化認定委員会が定めた基準に従って行いますので、 客観的な評価を受ける貴重な機会となります。

→ 学校情報化優良校の認定
→ 学校情報化先進校の表彰
→ 学校情報化先進地域の認定


【学校情報化優良校の認定状況】
 学校情報化認定制度は2015年1月から運用がスタートし、優良校については2020年3月末時点で累計887校が 認定されました。また、学校情報化優良校の認定期間は3年間となっているため、2018年度からは、 2014・2015年度に認定された学校の再認定を、2019年度は2016年度に認定された学校の再認定を行い、 2年間で116校が再認定されています。

    グラフ

 都道府県別では、まだ認定されていない地域がありますが、全校認定された自治体や全校認定を推進中の 自治体も徐々に増えており、自治体における教育の情報化の推進やICT活用のエビデンスとしてこの制度を活用いただいています。

    グラフ